スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンニャクゼリー騒動

◎サソリ、生身設定です。

 

 

スナックタイム

 

「みんな、コンニャク・ゼリー買ってきたぜー!」

「コンニャクゼリー!? それって例の?」

「ニュースでもやってたな。『年寄りと子供には食べさせるな。』・・・て。」

「今日のおやつだぞー。みんなで食おうぜー!」

「ところで飛段、おまえいくらで買った?」

「定価の半額以下だぜっ!」

「ほー、おまえにしては良くやったな。」

「はっ!あなどるなよ、角都ぅ・・・俺にだって学習能力っつーのがあんだよ。」

「ぷっ・・・ほんとかねぇ・・・・。」

「イタチィ、てめぇ笑うんじゃねーよっ!!失礼じゃねーかぁ・・・・あァ!?」

「うるさいぞ、飛段。静かにしないとリーダーに言うぞ。」

「なっ!ちィ、わかったよっ!・・・くそっ!!!」

「まァまァ、とにかく食べましょう。」

「そういえばリーダーは?」

「出かけてるぞ。うん。コンビニ行くって。」

「ジャンプでも買いに行ったんじゃねーの?リーダー、ジャンプっ子だから。」

「あー、そう。」

 

パクパク、次から次へと食べるデイ・・・。

 

「おいしーぞ、これ。」

「ほんとだな。良く噛んで食べれば大丈夫だな。」

「角都よォ・・・あんた気おつけろよ・・・喉に詰まらせないよーにしねーとォ。」

「飛段、余計なおせわだっ!」

「はい、はい、。ふむ、美味しい。」

「これって結構おなかいっぱいになるね。旦那、これあげる

「またかよォ・・・お前、おなかいっぱいになると、いつも俺にくれるよな。・・・ったく・・。」

「食べさせてやるよ。ほら、あーん

「いいですね・・・イタチさん。我々もしませんか?…花より団子ですか?

                                私の事はムシですか?」

片思いだが、鬼鮫はイタチの事が好きだった。

 

「ふー、満腹だ。」

「俺、ギブ。もうはいらねぇ。」

「旦那・・・たくさん食べさせてゴメン。太らないよな?うん?」

「心配するな。これは太らんから。」

「オレは、まだ、イケるぞ。」

「イタチさん相変わらずいいたべっぷりですね。」

「俺も。」

「飛段、よそみしてると喉に引っかかるぞ。」

「ヘーキ、ヘーキ。俺、若いから。げははは~!」

と、その時・・・・

 

「飛段、どーした?」

「うっ、うぐぐ・・・うう・・・。」

「喉にコンニャクゼリー詰まったんじゃないか?」

「え?」

「よそみして食べるからだ。」

「大変じゃないですか・・・。なんとかしないと・・・。」

「こんな事くらいで死なねーよ、こいつはぁ。」

「何のん気な事いってるんですかぁ・・・。角都さん、あなた自分のパートナーなのに

         シカトですか?サソリさんも、デイダラも・・・。」

「そんなに心配なら、おまえが助けりゃいいんじゃないのか?」

「イタチさん・・・しょうがないですね・・・では、私がなんとかしましょう。」

「う・・・うぅ・・・。」

「いきますよ・・・飛段。あんパーンチ!」

 

ドンッ

鬼鮫は飛段の背中を思いっきり、どついた。

その時リーダーが戻ってきた。

「ただいまー!!今日のおやつ・・・!?」

 

ベチャ・・・

喉に詰まってたコンニャクゼリーは飛んで、リーダーの顔面にヒットした。

「うっわ~!!これはヤバイでしょ。」

「鬼鮫、どっち向いてやったんだ?リーダーの顔面だぞ。」

「やべーよなぁ。俺たち知らねー。デイ、逃げるぞ。」

「うん。」

 

二人はさっさと逃げてしまった。

「あ~やっと取れた・・・うん?どーした?」

「・・・何やってんだァ!?誰だ?ふざけたマネするの?」

「あ・・・いや、その・・・わざとじゃ・・・あっ、飛段が・・・。」

「飛段!?」

「げげ、くそリーダー・・・。」

 

リーダーの存在に気づいた飛段は慌てた。

「リーダー失礼します・・・顔ふきますね。」

「サンキュウ。」

「俺は知らん。全部この2人が悪い。」

「なっ!どーいう事だよっ!!なんで俺が悪い?」

「・・・飛段、そもそも、おまえがコンニャクゼリーを喉に詰まらせなければよかったんだ。

           そーすれば鬼鮫だって・・・。」

「コンニャクゼリーだとォ!?」

「あ・・・あのォ・・・私は飛段を助けようとしただけで、・・・たまたまリーダーの顔面に

     ヒットしてしまったようで・・・わざとじゃないですから・・・アクシデントですよ。」

「・・・じゃ何か?とどのつまりは飛段が悪いって事か?」

「そういう事になるんじゃないですか?」

「・・・・飛段、おまえ俺になんか恨みでもあるのか?どーみても、わざとやってるとしか

                 思えない。今までだって・・・。」

「やっ、それは違うって・・・。」

「飛段、後で部屋に来い。いいな。」

「・・・はい。」

「飛段かわいそー。説教されるんだ。」

「説教?」

「そっ。しかもペイン六道に・・・。ぐるっと回り囲まれて・・・。」

「はは・・そりゃ可哀相だ。まぁ、自業自得だな。」

 

説教された飛段は恐怖に脅えて布団を被って寝てしまった。

以来、暁のメンバーは食べ物を良く噛んで食べるようになりました。

――――END――――

 

●あとがき

 

駄文第2段です。

最近(!?)やったニュースを取り上げてみたぞ。

 

3JI4oXTy.gif 

スポンサーサイト

リーダー殺人(!?)事件  後編

「俺がどうしたって?」

「イタチ・・・・。」

「あっ、自来也さん、お久しぶりです。」

「イタチ、まさかと思うがおまえ、ペイン殺したのか?」

「え?なに、それ・・・?誰がそんな事を?」

「こいつらが、おまえさんじゃないかって・・・。」

「・・・イヤだなぁ、なんで俺がリーダーを殺さなきゃならないんですか?

ナンセンスだな。」

「そうか・・・そういや、そうだの。疑って悪かった。」

「いえいえ、わかってくれたらいいですよ。」

「じゃぁ誰が・・・?うむ・・・。」

「なぁ、なぁ、相棒の2人呼ぶか?それとも、古畑任三朗でも・・・。」

「バカモンっ!!そんなんだからリーダーに怒られるんだろうがっ!」

 

ポカッ!

「いてっ!なんでたたくんだよっ・・・。」

 

その時リーダーがムクッと起き上がった。みんなは一斉に驚いた。

「うわー!ゾンビ!!」

「なーに?あれ?自来也先生来てたんですか?」

「ペ・・・ペイン、おまえ死んでたんじゃ・・・?」

「死んでなんかいませんよ。仮死状態になってたんですよ。」

「仮死状態!?」

「ドラマ見てて、死体やってみたくて・・・ちょっとトライしてみたんだ。」

「やいっ!こらっ!リーダー!てめーのくだらない遊びで俺達は散々な目にあった。」

「What?」

「罪のなすり合いしたり、もめたり・・・。」

「それは、大変だったね。メーワクかけてゴメンネ。」

 

ペコリと頭を下げて,謝るリーダー。

「結局、殺人事件でもなんでもなかった・・・・って、事か。」

「・・・ったく、悪ふざけもほどほどにしろよな。リーダーのくせに。」

「そーだ、そーだ!おい、エロじじぃ、てめぇ、こいつにどーいう教育したんだ?」

「飛段、先生悪くないんだよ。みんな、俺が悪い・・・だから、先生を責めないでくれよ。たのむ。」

「・・・まぁ、リーダー謝ってくれたし、真相わかったからいいかな?」

「そ・・・そうだな。うん。あれ?デイのマネしたよ。俺。」

「じゃぁ、そー言うことで、ここは一件落着ー。・・・だよな?キサメ。」

「は・・・はい、そーです。」

「はは・・・良かった。ほんとーにゴメンネ、みんな。」

「でも、生きててヨカッタァ。今度、おちゃめな事する時は言って下さいね。」

「ああ。」

「・・・おちゃめ?どこが!!」

「なんか言ったか?飛段。」

「え・・・?いや、なにも・・・・。」

「・・・・?」

「そうだっ、自来也さん今日はもう遅いから泊まっていきませんか?」

「え?いいのか?」

「はい。いいですよね?リーダー。」

「ああ。」

「いやー、たすかるのォ。じゃぁお言葉に甘えて。」

「部屋はリーダーと一緒で・・・

「もちろんじゃ。」

「きーまり!夜は長いので、ごゆっくり・・・。うんと愛しちゃってくださいね。リーダーの事。

では、夕食の準備がありますので・・・。」

「イタチ気がきくのォ・・。さすがじゃ。」

「でしょ?自慢の部下(!?)ですよ。頼りになります。」

 

さてさて、イタチさんは・・・

「ちっ!バカ飛段にサソリ・・・人を犯人扱いしやがってっ!!あームカつく!

しゃーんなろっ!!!」

 

ドカッ

ゴミ箱を蹴飛ばすイタチ。その様子を見てしまったキサメは、振るえあがった。

「い・・・今の見なかったことにしよう・・・あ・・・あれは、内なるイタチさんで、本当のイタチさんは、

とっても、いい人ですよ・・・。」

 

事件から2週間がたちました。

「?あれ?今月の電気料、先月より高いな。」

「飛段とサソリがクーラーがんがんかけてたぞ。」

「なに?飛段とサソリが?」

「ああ。」

「あいつら・・・あれほど言ったのに・・。」

「2人共、裏にいたぞ。」

「少し説教してやるっ!」

「くすっ。うんと怒られればいいさ。ハハハハ・・・。」

 

人騒がせなペインさん。飛段とサソリは角都に怒られ、こんこんと説教されましたとさ。

――――END――――

☆あとがき

みなさま、長い駄文読んでいただきありがとうございます。

この話を読んで、みなさまが楽しんでくれたら、うれしいです。

ちなみに、うちのリーダーはこんな感じ(!?)です(笑)。

★くどいようですが、原作無視のなんでもありです。

リーダー殺人(!?)事件  中編

しばらくして自来也がやって来る。

ピンポーン

 

「はいはい、どちらさま?」

ギー・・・・

 

「よぉ、鬼鮫・・・・遊びにきたぞー。」

「そうですか・・・な、中へどうぞ。」

「うむ。」

キサメ、うっかり自来也をあがらせてしまった。

 

「キサメ、どうした?」

「アッ、サソリさん。今、自来也さんが・・・。」

「!キサメっ、ちょっと来い!!」

「え?」

「早く来いっ!」

「?・・・・なんですか?」

「おまえ、なぜ自来也をあげた?」

「あ・・・遊びに来たから・・・。」

「どーして追い返さなかった?あぁ?あいつにバレたらヤバイだろ?」

「そ・・・・それはそーですけど・・・。」

「サメっ!追い返せ!!」

「えぇ!?私がですか?」

「イヤなのか?あっ?」

「あ・・・イヤってわけじゃ・・・そ・・・そんなに怖い顔しなくても・・・。」

「・・・ったく、イライラさせんなっ!いいっ!俺がいくっ!」

「え?」

 

リビングルーム

 

「おっ、サソリ、じゃましてるぞ。」

「・・・自来也さんよぉ・・・わるいが帰ってくれないか?」

「は?なんでじゃ?」

「リーダー今、いないんだよ。どっかいっちまった。」

「え?そーなのか?」

「2,3日は帰ってこないんじゃないか?なんにも言わないで出て行ったし・・・。」

「ほぅ、そうか、そー言うことならしかたないのォ・・・。じゃぁ帰るとするか。」

「その方があたりだ。もし、リーダーから連絡あったら知らせてやるから。」

「おお、そうか、すまんのォ・・・。」

「さぁ、行った、行った。」

「おっと・・サソリすまんがトイレ貸してくれんかのぉ。」

「はぁ?トイレ!?」

「年とると近くて・・・。」

「いいぜ、こっちだ。」

 

数分して自来也がトイレから出てきた。そこで見てはならないものを見てしまう。

 

「ふー、スッキリした・・・相変わらず清潔なトイレじゃ。掃除がいきとどいておる。

うん?あれは?ペインだのォ・・・。でも、今、いないってサソリのヤツが言ってたが、

ペインの何号かがいないって事か?うーん、ベットに寝てるのは1号だが・・・

まっ、いいか。寝込み襲ってやるかのぉ。

それにしても、こきたない部屋じゃ・・・誰の部屋じゃ?ん?「ヒーくんのへや」・・・なんじゃ?

このプレート。」

 

飛段の部屋はトイレの近くにあった。しかも、戸が開けっ放しになっていた。

「うう、さむいのぉ・・・クーラー入れすぎだの。ペインがかわいそーじゃ。体ひえて・・・

今、わしが暖めてやるからのォ。まってるんじゃよ。」

 

にやにやしながらペインに近づく自来也。そして、優しいキスをして、服を脱がそうとした時・・・。

「? なんじゃ?心臓の音が聞こえない・・・!?息してない?ええー!!なんじゃ、なんじゃ!

死んでおるのか?」

「みたなぁ。」

「!サソリ!!・・・これはいったいどういう事だ?ペイン死んでおるぞ!なんでじゃ?」

「それは、こっちが聞きたいっ!」

「お取り込み中すいません・・・リーダーお茶の時間に倒れてしまって、我々にもわけがわかんないですよ。」

「・・・自殺するようなヤツじゃないし、だいたい自殺する理由がないんじゃよ。なのにどーして・・・。

・・・あっ、ひょっとして殺人か?誰かがペインを殺した・・・とか・・・。のォ、サソリ、もしや

おまえさんが殺したのか?毒つかって。」

「ちょっとまてよ!なんでおれがリーダー殺さなきゃならないんだ?動機っつーのがねーだろ?」

「動機?動機ならあるじゃろ?リーダーの座をねらってるって。」

「な、なんでそんな事・・・。」

「前にペインが話してくれたんでのぉ。」

「ちっ、あのくそリーダー、ちくりやがって・・・。」

 

小声でつぶやくサソリ・・・。

「へー、サソリの旦那、そんな事考えてたんだぁ。」

「飛段、おまえ・・・。」

「なーんだ、動機十分じゃん。中々リーダーの座あけわたさないから殺したんだろ?

あんた待たされるの嫌いだしな。」

「ちがうっ!一番あやしいのは飛段、おまえだ!おまえだって言ってたろ?「あのくそリーダーいっぺん

犯したろか。」・・・って。

「え?犯す?飛段、おまえ・・・。」

「え・・・お、俺そんな事いったかな?ゲハハ・・・。・・・・おいっ!エロじじぃ俺は間違っても

リーダー殺してないからな!!絶対やってない!信じてくれ!!」

「エロじじィ・・って、わしには自来也と言う名前が・・・。」

「ふざけるなっ!俺だってやってない!!神に誓って!そりゃリーダーの座は狙ってるけど

殺しはしねぇよ。」

「・・・。」

「そだっ!キサメは?キサメはどーなんだ?あの時キサメお茶くみ当番だった。」

「イヤですよぉ・・・どーしてわたしが・・・。さっきも言いましたがわたしには動機がないですよ。」

「ちょっとまて、こ・・・・こーいう時って、犯人らしくないやつが犯人だったりするんだろうな。な?」

「そ・・・そーだな、ドラマとかでもあるよな。・・・ということは、一番怪しくないヤツ・・・。」

「あいつか?イタチ。」

「え?イタチさんが?」

「あいつリーダーのお気にだし、意外とヤツじゃね?」

「うーん、確かにイタチならリーダーを殺せるかもな。殺すチャンスいくらでもあるだろーし、リーダー

だって、特に、警戒しないだろ?」

「イタチさんがそんな事しますかね。イタチさんリーダーの事、実の兄のように慕ってますし、

リーダーもイタチさんの事かわいがってますよ。」

「そーいうヤツが危ないんだって。あいつ意外とすごい事たくらんでるんじゃねーの?

あんなツラしてよぉ・・・。リーダー騙されてるんだって。」

「まさかイタチが・・・そんな事考えられんのォ。」

そこにイタチ登場。

続く

 

 

リーダー殺人(!?)事件

小説を 書いてみたぞ。うん。


原作無視のなんでもありだ。


木の葉、暁、その他、仲いい設定になってるのだ。うん。


ちょっと、キャラ壊れてるがな・・・・その辺は許してくれ^::^


※少し同人要素入ってるが、エロくはないです(笑い)。


それでは、どうぞ・・・。


 


 


 


ある日の午後3時


「そろそろお茶にしますかね。」


「さんせー!おいらホット・ミルク!」


「デイはガキだな。」


「いーじゃん。ホット・ミルク好きだもんね。うん。」


「あとの人はコーヒーでいいですか?」


「ああ。」


お茶くみ当番は鬼鮫だった。


「どーぞ。」


「うん。サンキュー。 うっ・・・!」


バタン


「!?  リーダー!?どーしました?大丈夫ですか?」


「どーした、キサメ。」


「サソリさん・・・。リーダーが・・・・。」


「うっせーなぁ・・・どーしたぁ!?あん?なんで寝てんだ?リーダー。」


「寝て無いですよ、一口コーヒー飲んだあと倒れたんですよ。」


「!? ・・・・またまたぁ、ふざけてんだろ? ヘタな芝居やめてさぁ・・・・起きろよ。」


パン、パン


「おきませんねぇ。」


「ここまで芝居上手かったか?」


「・・・・・てか、死んでるぞ。」


えー!!


みんなは驚いた。


「マジ?マジ?うそだろー!?ありえねぇー!!」


「心臓止まってるし、息してないぞ。」


「なんてこと・・・。」


「でも、なんで急に?自殺?他殺?どっちだろ。」


「ぶっそーな事言うなよ・・・デイ。」


「・・・・・飛段、おまえやったんだろ。」


「なっ!!なんで俺が!?」


「だって、おまえ、いつもリーダーに反抗してたじゃん。そして、いつも怒られるのも、おまえだし・・・


動機十分じゃないか。」


「いくらなんでも、そんな事でリーダーを殺したりしないぞ!」


「どーかね。こっそりカップに毒塗ってたとか・・・。」


「なっ!そーいうアンタだってやろーと思えばやれるだろ?あ?」


「俺にはヤツを殺す動機はないっ!一番怪しいのは、テメーだろ?」


「・・・・じゃ、キサメは?お茶くみ当番こいつだぞ?」


「なっ!失礼な!わたしは、そんな恐ろしい事しませんよ!」


「わかんねーぞぉ。お茶くみ当番をいいことに、こっそり毒入れたとか。」


「わたしじゃありません!」


「まぁ、おちついてさぁ・・・とりあえず、リーダーどこに置く?」


「そうだな、飛段の部屋に運ぼう。」


「なんで!!!」


「いいから、いいから。はいっ!決まり!ソォーラァ!運んだ、運んだ。」


「俺やだよ・・・死体と一緒なんて。」


飛段の部屋


「よしっ!これでいい。」


「これからどーする?」


「うーん・・・。」


みんな下むいてしまった。その時サソリが口を開いた。


「いいか!この事は、俺たちだけの秘密だ!他言無用!いいな!」


「あ・・・ああ。」


「それで、死体の処理は?」


「そーだなぁ・・・ゼツに食わすか?」


「イヤダ。リーダーマズソウ・・・・。イラナイ。」


「・・・・だってさ。」


「じゃ、しばらくそのままだ。」


「え?なんで?」


「なんでもいいから!そーだっ!誰かに”リーダーは?”て聞かれたら、”不在”と言っとけ!


いいな!おっとォ、クーラーガンガンきかせろ。」


リーダーシップをとるサソリ・・・この後どーなるかね。



・・・・・・続く



一話完結にしようと思ったんだが、連載物になってしまったぞ。うん。


次は、いつになるかな?


ホント駄文で申し訳ない





 


 



 

プロフィール

暁

Author:暁
管理人の暁です。
好きな物(事):ナルトの暁(特に、イタチ・ラブ!)、デイダラ、あと、カカシ
パソコン、カラオケ、テニス、オークション
趣味と子育て頑張ってる管理人です。
なぜか、デイダラ語を使う。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

同盟・バナー
Get!FLV

developed by 遊ぶブログ

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。