スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンニャクゼリー騒動

◎サソリ、生身設定です。

 

 

スナックタイム

 

「みんな、コンニャク・ゼリー買ってきたぜー!」

「コンニャクゼリー!? それって例の?」

「ニュースでもやってたな。『年寄りと子供には食べさせるな。』・・・て。」

「今日のおやつだぞー。みんなで食おうぜー!」

「ところで飛段、おまえいくらで買った?」

「定価の半額以下だぜっ!」

「ほー、おまえにしては良くやったな。」

「はっ!あなどるなよ、角都ぅ・・・俺にだって学習能力っつーのがあんだよ。」

「ぷっ・・・ほんとかねぇ・・・・。」

「イタチィ、てめぇ笑うんじゃねーよっ!!失礼じゃねーかぁ・・・・あァ!?」

「うるさいぞ、飛段。静かにしないとリーダーに言うぞ。」

「なっ!ちィ、わかったよっ!・・・くそっ!!!」

「まァまァ、とにかく食べましょう。」

「そういえばリーダーは?」

「出かけてるぞ。うん。コンビニ行くって。」

「ジャンプでも買いに行ったんじゃねーの?リーダー、ジャンプっ子だから。」

「あー、そう。」

 

パクパク、次から次へと食べるデイ・・・。

 

「おいしーぞ、これ。」

「ほんとだな。良く噛んで食べれば大丈夫だな。」

「角都よォ・・・あんた気おつけろよ・・・喉に詰まらせないよーにしねーとォ。」

「飛段、余計なおせわだっ!」

「はい、はい、。ふむ、美味しい。」

「これって結構おなかいっぱいになるね。旦那、これあげる

「またかよォ・・・お前、おなかいっぱいになると、いつも俺にくれるよな。・・・ったく・・。」

「食べさせてやるよ。ほら、あーん

「いいですね・・・イタチさん。我々もしませんか?…花より団子ですか?

                                私の事はムシですか?」

片思いだが、鬼鮫はイタチの事が好きだった。

 

「ふー、満腹だ。」

「俺、ギブ。もうはいらねぇ。」

「旦那・・・たくさん食べさせてゴメン。太らないよな?うん?」

「心配するな。これは太らんから。」

「オレは、まだ、イケるぞ。」

「イタチさん相変わらずいいたべっぷりですね。」

「俺も。」

「飛段、よそみしてると喉に引っかかるぞ。」

「ヘーキ、ヘーキ。俺、若いから。げははは~!」

と、その時・・・・

 

「飛段、どーした?」

「うっ、うぐぐ・・・うう・・・。」

「喉にコンニャクゼリー詰まったんじゃないか?」

「え?」

「よそみして食べるからだ。」

「大変じゃないですか・・・。なんとかしないと・・・。」

「こんな事くらいで死なねーよ、こいつはぁ。」

「何のん気な事いってるんですかぁ・・・。角都さん、あなた自分のパートナーなのに

         シカトですか?サソリさんも、デイダラも・・・。」

「そんなに心配なら、おまえが助けりゃいいんじゃないのか?」

「イタチさん・・・しょうがないですね・・・では、私がなんとかしましょう。」

「う・・・うぅ・・・。」

「いきますよ・・・飛段。あんパーンチ!」

 

ドンッ

鬼鮫は飛段の背中を思いっきり、どついた。

その時リーダーが戻ってきた。

「ただいまー!!今日のおやつ・・・!?」

 

ベチャ・・・

喉に詰まってたコンニャクゼリーは飛んで、リーダーの顔面にヒットした。

「うっわ~!!これはヤバイでしょ。」

「鬼鮫、どっち向いてやったんだ?リーダーの顔面だぞ。」

「やべーよなぁ。俺たち知らねー。デイ、逃げるぞ。」

「うん。」

 

二人はさっさと逃げてしまった。

「あ~やっと取れた・・・うん?どーした?」

「・・・何やってんだァ!?誰だ?ふざけたマネするの?」

「あ・・・いや、その・・・わざとじゃ・・・あっ、飛段が・・・。」

「飛段!?」

「げげ、くそリーダー・・・。」

 

リーダーの存在に気づいた飛段は慌てた。

「リーダー失礼します・・・顔ふきますね。」

「サンキュウ。」

「俺は知らん。全部この2人が悪い。」

「なっ!どーいう事だよっ!!なんで俺が悪い?」

「・・・飛段、そもそも、おまえがコンニャクゼリーを喉に詰まらせなければよかったんだ。

           そーすれば鬼鮫だって・・・。」

「コンニャクゼリーだとォ!?」

「あ・・・あのォ・・・私は飛段を助けようとしただけで、・・・たまたまリーダーの顔面に

     ヒットしてしまったようで・・・わざとじゃないですから・・・アクシデントですよ。」

「・・・じゃ何か?とどのつまりは飛段が悪いって事か?」

「そういう事になるんじゃないですか?」

「・・・・飛段、おまえ俺になんか恨みでもあるのか?どーみても、わざとやってるとしか

                 思えない。今までだって・・・。」

「やっ、それは違うって・・・。」

「飛段、後で部屋に来い。いいな。」

「・・・はい。」

「飛段かわいそー。説教されるんだ。」

「説教?」

「そっ。しかもペイン六道に・・・。ぐるっと回り囲まれて・・・。」

「はは・・そりゃ可哀相だ。まぁ、自業自得だな。」

 

説教された飛段は恐怖に脅えて布団を被って寝てしまった。

以来、暁のメンバーは食べ物を良く噛んで食べるようになりました。

――――END――――

 

●あとがき

 

駄文第2段です。

最近(!?)やったニュースを取り上げてみたぞ。

 

3JI4oXTy.gif 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

お久しぶりデス

読んでて楽しかったです
ダンナに甘えるデイちゃんが可愛かった❤
次の小説も楽しみです
プロフィール

暁

Author:暁
管理人の暁です。
好きな物(事):ナルトの暁(特に、イタチ・ラブ!)、デイダラ、あと、カカシ
パソコン、カラオケ、テニス、オークション
趣味と子育て頑張ってる管理人です。
なぜか、デイダラ語を使う。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

同盟・バナー
Get!FLV

developed by 遊ぶブログ

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。